【無痛分娩】体験記ブログ

南行徳にある「おおしおウィメンズクリニック」と「えんぴつ公園マザーズクリニック」で無痛分娩を体験しました。産院選びや無痛分娩で感じる痛みなど、無痛分娩を選ぶ方の疑問解決の参考になれば幸いです。

えんぴつ公園マザーズクリニックでの無痛分娩体験記1

f:id:utakoutako:20170520164933j:image
筆者は2回の無痛分娩を、2つの病院で体験しました。

 

今回の記事は、人生2回目の無痛分娩の体験記です。

 

さて…

今まさに点滴の管をつけて、背中から麻酔を入れながらブログを書いていますので、痛みのことなど、超リアルな感覚をお伝えできると思います。

 

【入院当日】

6:00 起床

滞在先のホテルは6:30から朝食バイキングスタートですので、6時に起きて、さっとシャワーを浴びたりしました。

 

6:30 朝食

朝食を普段通り食べました。

カフェインはトイレが近くなりやすいので、コーヒーは我慢しました。

 

7:00過ぎ

ホテルの鍵故障で部屋が開かない!…というトラブルで若干出発が遅れたので、ドタバタとタクシーで出発。

荷物が結構多くなるので、電車で行ける距離でもタクシーを使ったのは正解でした。

荷物を持ってくれる主人、上の子の面倒を見てくれる母に感謝。いなかったらとても大変だったと思います。

 

7:33

病院到着。

インターフォンで開けてもらい中へ。

上の子は1階の絵本コーナーで母と待機。

主人と私は2階の病室へ。

私が通された部屋は6畳ほどの、割りと殺風景なお部屋。

この部屋に入った時が一番緊張が高まりました。

 

(あぁ、これから産むのか。注射怖いな、産むの怖いな…。)

 

YouTubeモーツァルトの曲を流したりしてリラックス。殺風景な部屋の緊張感が和らぐので、モーツァルトおすすめです。

 

用意されている産褥ショーツを履き、大きなナプキンをあてます。

パジャマ(病院着)も用意されています。

 

出産で、持参したパジャマが汚れるのかな?と思ってましたが病院着で産むので心配なさそうです。

 

 

8:00頃

お腹にモニターをつけて赤ちゃんの具合を確かめます。これは全く痛くないです。

 

検尿するかと思ってトイレに行かなかったけど、検尿はしなかったのでここでトイレに行かせてもらいます。

お腹にモニター用の透明のジェルを塗られた後だったので、トイレに行きづらい^_^;

「検尿しますか?トイレ行ってもいいですか?」は病院についてすぐに言えばよかったなぁ。

 

次の記事へ続く

(「無痛分娩体験記2」へ)

 

無痛分娩体験記1
無痛分娩体験記2
無痛分娩体験記3
無痛分娩体験記4
無痛分娩体験記5
無痛分娩体験記6
会陰切開と子宮収縮の痛みについて
出産直後を快適に過ごすコツ(麻酔が切れた後)
入院生活の様子(入院1日目)
入院生活の様子(入院2日目)
入院生活の様子(入院3日目)