【無痛分娩】体験記ブログ

南行徳にある「おおしおウィメンズクリニック」と「えんぴつ公園マザーズクリニック」で無痛分娩を体験しました。産院選びや無痛分娩で感じる痛みなど、無痛分娩を選ぶ方の疑問解決の参考になれば幸いです。

えんぴつ公園マザーズクリニックでの無痛分娩体験記5


f:id:utakoutako:20170520165248j:image
12:00 分娩室へ

分娩室への移動は子宮口が8〜9cmになってから。

相変わらず麻酔がうまく管理されているおかげか、全く痛みを感じません。

 

こんな楽なお産でいいのでしょうか。

 

ここでハプニング。

ずっと横になっていたせいか、分娩室に行く際に立ちくらみを感じてしまいました。

身体は火照って、頭はクラクラします。

まるで日本酒を飲みすぎた酔っぱらいのような気持ち悪さ。麻酔の副作用のようで少しぐったり。車椅子で移動です。

 

また麻酔の副作用でお腹が痒い!!

 

分娩室では先生、助産師さん、麻酔の先生、ベビーキャッチャーの方がお待ちかね。

主人や娘もやってきました。

 

麻酔が効きすぎたのか張っている感覚はよくわかりません。しかし、先生達がタイミングを教えてくれます。痛みは全く無し。

 

張りが強い時にいきむ練習。

息を吐いて、それから息をたくさん吸って、そこで息を止めて、いきみます。

大をふんばる(?!)ような感じです。

正直、麻酔であまり力はふんばれなかったように思いましたが、結構うまくいったようです。

 

張りが起こるタイミングで4〜5回位いきみましたら、赤ちゃんの頭が出ました!!

 

会陰切開はすることになりました。

上の子の出産の際に会陰切開したため、その傷が伸びず、仕方ありませんでした。

溶ける糸で塗ってもらったので、抜糸はありません。

 

最初は紫の赤ちゃん。

しばらくすると綺麗な肌色になります。

可愛い鳴き声。

赤ちゃんが産まれました。

 

へその緒は上の子に切ってもらおうかと思ったけれど、なんと主人に抱っこされて寝ていました。私がへその緒を切りました。

 

その後、お腹をマッサージされて胎盤を出します。痛みは全くありません。

 

本当に痛みが無いまま、出産を終えてしまいました。上の子の出産の時は、無痛分娩といえども痛かったので、今回のえんぴつ公園マザーズクリニックの痛くない無痛分娩にはただただ驚きです。

 

産後は2〜3時間後に麻酔が切れて、子宮収縮と会陰切開の痛みが出てくるそうです。

麻酔で酔っぱらいのように立ちくらみが気持ち悪いのは難点。 

 

一瞬だけ赤ちゃんと一緒に写真がとれました。

 

15:00 見舞い客と会う

産後、家族や親類が見舞いに来てくれました。ただ、産まれて24時間以内は赤ちゃんが冷えてはいけないので、新生児室でガラス越しに見られるだけです。

産んだ直後の私も安静になるので、長い来客対応は難しいでしょう。

 

16:40 麻酔が切れてきた

部屋で安静にしていると、だんだん麻酔が切れてきました。まだ痛みは強くありません。

痛み止めをもらっています。

昼ごはんを食べてないのでお腹がすきました。17時半が夜ご飯。楽しみです。

 

次の記事

(「無痛分娩体験記6」へ)

 

無痛分娩体験記1
無痛分娩体験記2
無痛分娩体験記3
無痛分娩体験記4
無痛分娩体験記5
無痛分娩体験記6
会陰切開と子宮収縮の痛みについて
出産直後を快適に過ごすコツ(麻酔が切れた後)
入院生活の様子(入院1日目)
入院生活の様子(入院2日目)
入院生活の様子(入院3日目)

 

ブログランキングに参加しています。

応援でポチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村