【無痛分娩】体験記ブログ

南行徳にある「おおしおウィメンズクリニック」と「えんぴつ公園マザーズクリニック」で無痛分娩を体験しました。産院選びや無痛分娩で感じる痛みなど、無痛分娩を選ぶ方の疑問解決の参考になれば幸いです。

【無痛分娩 病院の選び方】私はこう選びました!最も重要視した3つの条件

こんにちは。

筆者は2回の無痛分娩を、それぞれ2つの病院で体験しました。

 

私が無痛分娩の病院を選ぶ際に重要視したことを記載します。

 

【最重要条件】

「24時間体制で無痛分娩を受けられること。」

 

無痛分娩を行っている病院はまだまだ少ないですが、その中でも24時間体制で無痛処置に対応してくださるところは更に少ないです。

 

つまり、無痛分娩は「産婦人科の先生」「助産師」の他に「麻酔科の先生」の存在が重要になります。

 

陣痛の痛み、分娩の痛みを取るためには、専門の麻酔科医により①麻酔をするための管を体内に入れる処置と②陣痛から出産にいたるまで、適切に麻酔の量を管理してもらうこと、が必要となります。

 

よく聞くのが、

・麻酔科の先生が学会でいなかったので無痛分娩を受けられなかった

とか

・真夜中に陣痛が始まったので、麻酔科の先生が到着するまでに間に合わず普通分娩で産んだ

とか。

 

絶対無痛で産みたかったので、どんな時に陣痛が起こっても対応してもらえることを最も重要視して選びました。

調べ方は、各病院のホームページや口コミを見る他に、実際に電話したり健診で質問するしかない場合もあります。

 

痛みへの考え方も病院により様々です。

痛みはできるだけ取り除くのか、ある程度は痛みを体験させ緩和させる方針なのか。

それを患者の希望である程度決められるのか、病院の方針に沿うのか。

 

私は緊急時の対応や安全は絶対条件として、その中でも患者の希望をある程度取り入れてくださり、痛みをできるだけ取り除く方針の病院が良いです。

幸いなことに私は良い病院で産むことができました。

 

【重要条件】

トータル費用70〜80万円」

無痛分娩は普通分娩よりも高いのが一般的です。

 

出産費用は国から42万円の補助がありますので、トータル費用が70万円だとすると、自己負担費用は約30万円ほどになる計算です。

 

無痛分娩に24時間体制で対応…となると、めちゃめちゃ高い病院に出くわすこともあります。トータル100万円とか120万円…とか。

さすがにそういう病院は候補からはずしました。

 

【重要条件】

 「場所」

最初は自宅や実家から1時間以内…を条件に探しました。

急な破水が起こった場合、タクシーか、最悪救急車で搬送してもらえるのはその位なのではないか…(試したわけではないのでわかりませんが)と考えたからです。

 

で、結局実家から電車や車で2時間の場所を選びました。

 

ただし、

・親戚が近くに住んでおり、いざという時頼れること

・近くに長期滞在できるホテルがあること

・自分や親が行き慣れた場所であること

・都会で交通の便が発達していること

陣痛タクシーが利用できること

 

という条件が揃ったからです。

 

すでに別途詳しく記事にしましたが、出産11日前から、タクシー10分で産院に行けるホテルに滞在しました。

場所は難しいです。せっかく良い病院を見つけても、そこで産めない大きなハードルになります。

 

どうしてもその病院で産みたければ、一度電話や健診などで相談してみるといいかもしれません。過去に遠方から来ていた方がいれば教えてもらえることもあります。

 

良い病院と出会えるか、で出産が決まります。インターネットや知人の評判を聞いて、調べまくることです。

人気の病院は分娩予約がうまるのも早いです。

私の選んだ病院は12週までに予約が必要でした。もっと早く締切るところもあります。

 

妊娠がわかったらすぐに産院を調べ始めることをお勧めします。