【無痛分娩】体験記ブログ

南行徳にある「おおしおウィメンズクリニック」と「えんぴつ公園マザーズクリニック」で無痛分娩を体験しました。産院選びや無痛分娩で感じる痛みなど、無痛分娩を選ぶ方の疑問解決の参考になれば幸いです。

出産入院に持っていけばよかったもの・持っていってよかったもの

出産入院を終えて振り返った時、持っていってよかったもの、持っていけばよかったものをメモしておこうと思います。

 

【持っていってよかったもの】

 ・一眼レフカメラ

日々変わる赤ちゃんの顔。ちゃんとしたカメラで撮れたのでよかったです。

 

・長いケーブルの携帯充電器

促進剤で陣痛が軌道に乗るのを待つ時間に動画を見たり、産後に報告メールを打ったり。

動きにくい状態で電池の残りを気にせず携帯を使えたのはよかったです。

 

認印

私の名字は珍しく、印鑑がすぐには買えません。出生届には認印を押す欄がありますので、認印は常に持ち歩いておくと、里帰り先でも出生届がすぐに書けました。

朱肉も持ち歩いていました。

(おまけ:出生届には本籍地、結婚して夫婦一緒に住み始めた日を書く欄があります。すぐに書けると安心です。)

 

【持っていけばよかったもの】

・ペットボトルをストローで飲める飲み口

100円ショップに売ってます。

必要になり、慌てて母に買ってきてもらいました。産むときに、片手は点滴がついているので、開け閉めが片手でできるストロー付飲み口は重宝しました。

 

・命名書

 性別もわかり名前も決めていたので、事前に命名書を準備して入院に持っていけばよかった、と思いました。

入院中に写真を撮ることはたくさんあります。フェイスブック等で「産まれました。」とお知らせする時も命名書があれば名前も見てもらえます。

命名書がなかったので、とりあえずA4の裏紙に名前を書いて、親戚が来たときはお披露目しましたが、ちゃんとした命名書があればよかったのになぁ、と思いました。

 

ちなみに命名書は、メルカリで書道が上手い方が数百円で書いてくださるものを売っています。私はそれを入院中に注文しました。

 

・メガネ

ベッドからテレビ(小さめ)までが遠かったので(^o^;

 

ブログランキングに参加しています。

記事更新の励みになりますので応援にポチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村