【無痛分娩】体験記ブログ

南行徳にある「おおしおウィメンズクリニック」と「えんぴつ公園マザーズクリニック」で無痛分娩を体験しました。産院選びや無痛分娩で感じる痛みなど、無痛分娩を選ぶ方の疑問解決の参考になれば幸いです。

母乳が出過ぎて、シーツや服に母乳のしみが…

 

目次

f:id:utakoutako:20170530154632j:plain

2回の無痛分娩を2つの病院で体験した筆者です。

 

2回目の出産を終え、心配していたおっぱいの開通は痛みを伴わず上手くいきました。

詰まらないように詰まらないように気をつけながら、1人目よりは順調に授乳を始められたのですが…

 

母乳漏れの悩み

おっぱいが出過ぎて、シーツや服に母乳がしみてきました。

母乳のしみは一度ついてしまうと落とすのが大変です。

(ついてしまった場合は、決して熱いお湯は使わずに、すぐに洗うのがコツです。)

 

母乳パッドは下記を使っています。

1人目の時とは違って、すぐ母乳パッドが重くなります。

頻繁に替えることで母乳漏れはだいぶ改善しました。

 

また、何日か経って、母乳が洋服に漏れるタイミングは「授乳中」が多いことがわかりました。

 

吸われるおっぱいを左右移し替える時に、赤ちゃんの顎や口周りについたおっぱいが洋服についたり…

 

吸い終わった後のおっぱいが母乳パッドからズレてしまったために洋服がビショビショになったり…

 

母乳で濡れると洋服が臭ってくるのが気持ち悪いです。

洗っても生乾きっぽい臭いが残ったり、黄色くしみが濃くなったりするのでやっかい。

 

洋服への母乳漏れ防止方法

なるべく母乳が洋服にしみないためにやっていることは

 

・授乳後は乳首を母乳パッドの真ん中に確実に戻す

・授乳時は、洋服と赤ちゃんの口の間にハンドタオルやガーゼをはさむ

(これはかなり効果がありました↑)

・母乳パッドを頻繁に交換する

(重くなると漏れやすい)

 

シーツへの母乳漏れ防止方法

・厚めのバスタオルを敷いて、その上で寝たり添乳したりする

・うつぶせで寝ない

 

母乳漏れのためにやってよかったこと

やっぱり、やってよかったのは「汚れてもいい下着・Tシャツでの授乳」。

母乳しみはできてしまうと落とすのが本当に大変です。

赤ちゃんが上手に飲めるようになるまでは授乳用と決めた下着・Tシャツで過ごす。

これでストレスがかなり減りました。

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村